FC2ブログ

ruby の数値的オブジェクトのメソッド

ruby の数値的オブジェクトのメソッド

#08 数値的オブジェクトのメソッド
http://dotinstall.com/lessons/basic_ruby/4708
を参考に
数値的オブジェクトで使えるメソッドについて学習

型変換メソッドは
10.5 を整数にするなら

p 10.5.to_i
とする

.to_i は整数にする関数
ruby の場合、
javaとかPHP , C++ とかと違って関数に() がついていないので、最初のうちはわかりにくいかも

.to_ とつくのは、ほとんど型変換の関数

よくあるのが、文字列から整数への変換

あと、分数にする関数があり、それが .to_r
rは Rational の意味

p 10.5 .to_r
とすると
10.5 が分数になり
(21/2)
となる

四捨五入するメソッドもあり、それが .roud
p 10.5 .round
とすると、四捨五入されて11になる

p 10.5 .ceil なら繰り上げ
p 10.5 .floor なら切り捨て

乱数の発生なら rand()
これは、関数らしく()がついている
引数に乱数の発生させる幅を指定

p rand(100)
なら100までの乱数となる

数学的なものを使うには、java script などでおなじみ
Math 関連をつかう

平方根を扱うなら .sqrt() を使う
例えば、2の平方根なら
p Math.sqrt(2)
とする
結果は
1.4142135623730951
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック