FC2ブログ

vagrant で box をベースに仮想マシンの立ち上げ

vagrant で box をベースに仮想マシンの立ち上げ


#04 仮想マシンを立ち上げてみよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_vagrant/24104
を参考に
box をベースにして仮想マシンを立ち上げ

一つのbox 、つまりテンプレから
いくつでも仮想マシンをつくれる

これは、AWSで仮想マシンを、他の人や自分がつくったAMIから仮想マシンをつくれるのとおなじ

仮想マシンをつくるときには
仮想マシンごとにディレクトリを作成する

VMware Player や VirtualBox をつかってみると
わかるけど
仮想マシンごとにディレクトリが作成されている

私の場合、SSD+HDDで
容量がSSDのほうでは少ないためHDD側に作成

mkdir /media/bdec1869-7820-4557-a76e-a8b130293019/myCentOSVM

cd /media/bdec1869-7820-4557-a76e-a8b130293019/myCentOSVM/
で作成したディレクトリに移動

次に、仮想マシンの初期化
vagrant init centos64
で初期化してVagrantfileが作成される

vagrant init で
仮想マシンの初期化
centos64 は box を指定している
box の確認は
ls ~/.vagrant.d/boxes
で確認できる

作成できているかは ls コマンドで確認できる

Vagrantfile
と表示されれば成功

この Vagrantfile は
ruby で書かれている設定ファイル
中身をみたいのなら
less Vagrantfile
読んでいて終了したいなら q をおす

この Vagrantfile をもとに仮想マシンが作成される

作成するには
Vagrantfile があるディレクトリで
vagrant up
を実行する

すでに実行状態になっているのが
VirtualBox を立ち上げると確認できる

端末から virtualbox とすれば
VirtualBox が起動する
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック