FC2ブログ

enchant.js で制限時間設定とゲームオーバー処理

enchant.js で制限時間設定とゲームオーバー処理

#04 制限時間を設けてみよう
http://dotinstall.com/lessons/kuma_catch_enchant_js_v2/21604
を参考に
制限時間の設置と
ゲームオーバー処理を実装

ドットインストールの解説によれば
core.fps は
1秒間あたりのフレーム数になる
fpsは
frame per second の略

これをつかって5秒間表現するには
5 * core.fps
とする
とのこと

まずは、ゲームらしく制限時間を設置
var timeLeft = 5 * core.fps;
これで、5秒になる


今度は、ラベルに残り時間を表示して
java script で制御する
var timeLabel = new Label('Time : ?');
これで、ラベル作成

次に表示する座標を指定
timeLabel.x = 5;
timeLabel.y = 5;

ゲームの時間が進むたびに処理するので
core.on('enterframe', function(){
});

の中に記述する

enterframe イベントは
フレームが更新される度という意味

これについては
http://dotinstall.com/lessons/kuma_catch_enchant_js_v2/21604

を参考に

追記する処理は
timeLeft--;
で減らしていき

timeLabel.text = "Time : " + timeLeft;
これで減っていく残り時間を表現できる

また、
if(timeLeft <= 0){

}
で残り時間が0になったとき、つまり時間切れの
処理を書く

今回は、アラートでスコアを表示するので
alert('Your score :' + score);
として
ゲームを終了したいので
this.stop();
とする

.stop() でゲームが終了する

作成した残り時間を表示するラベルは
addChild()
で画面に追加しないと表示されないので
core.rootScene.addChild(timeLabel);
とすることで画面に表示されるようになる

これで、実行すると
残り時間がどんどん減っていき
残り時間がゼロでアラートが表示される
この仕組みをつかうことで
制限時間をつけた
パズルゲームなども実装ができるようになる
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック