FC2ブログ

イー・モバイルによるLAN構築

イー・モバイルの有線LANによる接続ができました
使用しているイー・モバイル端末は
D12HW です

一番単純な方法は、
ワイヤレスゲートウェイから LANケーブルを使って、
スイッチングハブに接続し
そこからさらにLANケーブルでパソコンに接続する
これが一番かんたんです
今回、使用したスイッチングハブは
corega の cg-sw05txplrb です



次に、BUFFULOの無線LAN子機を使った接続
使用したのは、BUFFALO の WLI-TX4-G です




これは少し面倒でした
まず、ワイヤレスゲートウェイにログインします

方法は
ブラウザ(Firefox など)を起動し 192.168.1.1 を入力
トップページで「Administorator」を選択
Username Password ともに admin と入力してログイン

Router Home > Wireless で設定画面を出します

ESSID を任意のものに変えます
※安全性向上のために、いままで使っていたIDから変更

Hide SSID をONにします
※他の人からIDが見えなくなります
※この2つはおこなっておきましょう 
いままでの設定のままだと、ほかの人にIDが見えています 

Encypt Type をWEPからWPAに変更
※WEPは危険です
 ツールなどを使えば、ものの数秒で暗号解読されます
 詳しくは、WEP 解読などで検索するとでると思います

WPA-PSK(Pre-Shared Key) の設定
パスワード設定になります

これで、ワイヤレスゲートウェイの設定は完了です

次に、Windows XPをネットワーク接続します

まず、Windows での設定が必要
最初に、付属のCDを入れ、
「スタート」>「無線でつなぐ」>
「BUFFUALOエアステーション無線子機を取り付けてつなぐ」>
「LAN端子用 無線子機(イーサネットコンバーター)を選び、
インストールを選択

これで
・LAN端子用 無線子機設定ツール
・エアステーション設定ツール
・パソコン環境表示ツール
がインストールされます

「スタート」>「すべてのプログラム」>
「BUFFALO」>
「エアションユーティリティ」>
「LAN端子用 無線子機設定ツール」
で設定ツールを起動

接続設定をクリックし
ワイヤレスゲートウェイ側で設定した
・SSID
・暗号化方式
・暗号キー
を入力し OKを押せば、
ネットワーク接続可能になると思います

簡単な図にすると

ワイヤレスゲートウェイ+イー・モバイル(無線LAN親機)

↓(無線による通信)
↓ WLI-TX4-G(無線LAN子機)

|(LANケーブルによる有線通信)

Windows XP

こんなかんじですね

これで設定は完了です

確認してみましたが、あとは
Windows でも Linux でもつながりましたので
これで設定完了となります

最終的には、すべて無線化する予定です
また検証が終了したら、書き込もうと思います
スポンサーサイト



テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック