FC2ブログ

投稿データのエラーチェック実装

投稿データのエラーチェック実装

#07 エラーチェックを行おう
http://dotinstall.com/lessons/contacts_php_v2/9807
を元に
投稿データのエラーチェックを実装

まず、index.php でセッションを使うので

session_start();
を追記

HTML部分に隠し要素として token を form に仕込んでおくため

<input type="hidden" name="token" value="<?php echo h($_SESSION['token']); ?>">

</form>
の前に書いておく

これで、 token 設定はできたので、
次に投稿後の処理を実装

まずPOSTで渡された数値を変数に格納
$name =$_POST['name'];
$email =$_POST['email'];
$memo =$_POST['memo'];

そして、次にエラーチェック
$error = array();
でエラーを入れる配列の準備

そして、エラー処理するけど、
もし、エラーがないのなら、DBに投稿内容を入れていく
if(empty($error)){
という条件式になる

エラー処理は、 if により複数のエラーチェックを行っていく
今回の条件式では
filter_var() を使い Email のチェックをする

filter_var() は
指定したフィルタでデータのフィルタリングを行う
http://php.net/manual/ja/function.filter-var.php
のマニュアルを参照

もし、Email の形式が正しくないのならという判定をするには
if(!filter_var($email, FILTER_VALIDATE_EMAIL)){
とする

FILTER_VALIDATE_EMAIL
は、
値が e-mail 形式であるかどうかを検証する

この場合の処理として
$error['email'] ="メールアドレスの形式が正しくありません";
というようにして、
$error にエラー内容を格納する

また、メールアドレスが空欄なら
if($email ==''){
$error['email'] ="メールアドレスを入力してください";
}

メモが未記入場合の対処なら
if($memo ==''){
$error['memo'] ="内容を入力してください";
}

というようにして対処する
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック