FC2ブログ

ローカルPCの変更の自動的反映

ローカルPCの変更の自動的反映

rsync はファイルの変更差分だけデータ同期できる

差分だけ転送するから
ネットワーク経由のバックアップも可能

lsyncd は、Linuxカーネルの
inotifyというファイル変更のイベント通知機能を使い
ファイル更新を検出する

lsyncd から rsync を起動すれば
バックアップ用のミラーリングサーバー構築ができる

まず、
バックアップ用サーバーの設定

同期用ディレクトリの作成
sudo mkdir /data/

/dataを同期先ディレクトリへ設定するには
rsyncの設定ファイル
/erc/rsyncd.conf

source=""の設定をフルパスで指定

source="/home/snowpool/data/"
というようにする

次に、
rsyncがデフォルトデーモン、つまり常駐プロセスとして起動するように
設定

これは、
/etc/default/rsync
の中を
RSYNC_ENABLE=trueにする

そして、サービス起動
sudo /etc/init.d/rsync start

ここまでできたら、次はクライアントの設定をする

バックアップ元ディレクトリの作成
sudo mkdir ~/data

そしてlsyncdをインストール

sudo apt-get install lsyncd

lsyncdのサンプルファイルを元に設定ファイルの作成

sudo mkdir /erc/lsyncd

sudo cp /usr/share/doc/lsyncd/examples/lsyncd.1ua /erc/lsyncd/lsyncd.conf.1ua

コピーできたら設定ファイルの編集

hosts allow =
へアクセス可能にするpc のIPアドレスを記述
例えば
hosts allow = localhost 192.168.10.248

また、exclude =
へ同期対象にしない拡張子を記述

もし、subversionとかgitを非対象にするなら
exclude = .git .svn

ここまで設定ファイルできたら
クライアントマシンの
lsyncdを起動

sudo /etc/init.d/lsyncd start

ここまでできたら
適当に自動的反映できるディレクトリへ
ファイル作成

echo abcd > ~/data/abcd

これで、サーバー側にもデータ同期されているなら成功
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック