FC2ブログ

リソース状況の把握

リソース状況の把握

リソース不足を事前に検知することでトラブルを防止できる

リソースの使用率の推移を把握できているなら
ハードウェアの増設、交換も検討できる

このとき、抑えておくポイントは

リソース使用率の定期取得

リソース状態推移のグラフィカル表示

となる

リソース使用率の定期取得は
sysstat を使う
Ubuntu でのインストールは
sudo apt-get install sysstat

次に、定期取得設定
Ubuntu ではデフォルト設定で定期取得が無効なので
sudo vim /etc/default/sysstat

ENABLED="false"

ENABLED="true"
にして保存

sudo service sysstat start
で起動

定期取得された情報は
/var/log/sysstat/
に保存される

sa21
というように
sa日付
という形で保存されるのがバイナリーファイル

もうひとつsar日付というファイルが後でできるけど
こちらは、1日分のシステム状況をまとめた
テキストファイルになる

テキストファイルなので、エディタで確認可能

バイナリーファイルのほうは
sar コマンドに -r オプションをつければ確認できる

sar -f /var/log/sysstat/sa21
とすれば

Linux 3.5.0-36-generic (snowpool-Prime-Series) 2013年07月21日 _x86_64_ (8 CPU)

20時37分14秒 LINUX RESTART
というように内容をみれる

ファイル名を指定せず
sar -r
とすると
当日の情報が表示される

また、オプションで表示する時間の限定も可能

-s オプションで開始時刻
-e オプションで終了時刻
を指定可能

-u オプションを指定することで、
CPUリソース情報の取得もできる

CPUリソース取得のときに注意するべきは
その計算式
100 -(%idle + %iowait)
となる

各CPU情報の
(%user ~ %idle) は百分率の値で
合計すると100になる

そのうち $idle と %iowait

CPUが使用されていない時間の割合になる

このため、算出される値は、CPU使用率となる

この時間帯の平均使用率が低いなら
CPU負荷は少ないということになる

今回は
20:00~21:00のCPU使用率を見たいので

sar -u -f /var/log/sysstat/sa21 -s 20:00:00 -e 21:00:00
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック