FC2ブログ

画像掲示板のアップロード処理

画像掲示板のアップロード処理

#06 アップロード処理の流れを確認する
http://dotinstall.com/lessons/upload_image_php/4506
を元に、アップロード処理をする upload.php をつくり
実装していく
この動画では、実際のコードをかくよりも流れの解説

まず、require_once('confg.php');
で設定ファイルの読み込み

そこから先の流れとしては
エラーチェック
保存するファイル名を作成
元画像を保存し、画像が大きいなら、縮小画像をつくり保存
そして、index.php へ飛ばすという流れ

アップロードされたファイルのあつかい方については
#07 $_FILESの中身を確認する
http://dotinstall.com/lessons/upload_image_php/4507
を参照

いままでのように、通常のフォームから
画像や入力内容を扱うなら
$_POST['image']
というようにしていたけど

ファイルの場合では異なり
$_FILES[' 変数名'];
となる

この変数名は、form で送信したときの name の名前になる
例えば、
<input type="file" name="image">
なら、
$_FILES['image']
となる

アップロードされたファイルには
色々な情報が格納されていて
確認したいのなら、
var_dump() で中身を見てみるとわかりやすい

ソースにすると
var_dump($_FILES['image']);
exit;

として
index.php でファイルをアップロードしてみると
渡されたデータがみれる

そのままだと見にくいので
ブラウザでソースを表示するとわかりやすくなる
やりかたは、ブラウザで
右クリック > ページのソースを表示

name には元画像の名前

type には何のファイルか

tmp_name は
システムが一時的に保存したファイルの名前
これは後で保存先フォルダへ入れることになる

error は
エラーチェックに必要な情報が入ってくる
ちなみに、0だったら正常ということ

size は、ファイルのサイズ

エラーコードに関しては
http://jp.php.net/manual/ja/features.file-upload.errors.php
を参考にする
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック