FC2ブログ

makeコマンドで自動コンパイル 

makeコマンドで自動コンパイル 

普通、ソースコードは複数ファイルに
なっているので
自動的に全ソースファイルをコンパイルし
最終的な実行ファイルを生成する
makeコマンドを利用する

コンパイルから最終的な実行ファイル生成までの工程を 
ビルド
という

makeコマンドは
Makefile
に記述された内容に従ってビルドする

このMakefileは、
configureスクリプトで生成する

このconfigureでは
カーネル
CPUの種類
リンクするライブラリーの有無など
をチェックし
最適なビルドができるように設定した
Makefileを作る

最終的なインストールは
make install
で実行する

この make install を実行すると
生成された実行ファイル
設定ファイルなどの関連ファイルを
Makefileで指定したディレクトリへコピーし
アクセス権限なども設定してくれる

ビルドは、一般ユーザーでもできるけど
インストールするにはroot権限が必要

また
makeコマンドは
ソースファイルとバイナリーの
タイムスタンブを比較して
ソースファイルが新しいときだけコンパイルする事もできる

これにより
ソースにパッチをあてて
更新したファイルのみコンパイルして
最低限の処理だけでビルドし直すという
便利な使い方ができる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック