FC2ブログ

ソースコードからのコンパイル、ビルド

ソースコードからのコンパイル、ビルド

Linuxで使われるコンパイラはGCC

コンパイルしたバイナリーが動作するには
外部ライブラリとリンクする必要がある

Linuxで動くソフトウェアのほとんどが
実行時にリンクする動的リンク

動的リンクで参照される共有ライブラリーは
/lib/以下にある
.so拡張子のファイルになる

動的リンクの場合は
ソースコードをコンパイルするときに
共有ライブラリー情報が必要になる

この情報を提供するのがヘッダーファイルになる

これがないと
コンパイルエラーとなり
バイナリーオブジェクトが生成できない

ヘッダーファイルは
-devel
という名前のついたパッケージを導入すれば用意できる

主なライブラリーはパッケージを使って準備し
最終的に使いたいソフトウェアのソースコードだけコンパイルするのが
簡単で一般的な手法になる


--
から送られてきた高速メモ帳
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック