FC2ブログ

仮想マシン用ドライバのインストール

仮想マシン用ドライバのインストール

仮想マシンは、通常の物理マシンとは異なり
ソフトウェア的に実行しているので
動作速度に制約がある

この制約を取り払い高速化したり
使い勝手を高めるためのドライバが
VMware Tools
Guest Additions

これらは、使用中のカーネルのバージョンに大きく依存する

また、モジュールを
カーネルのバージョンごとに用意する必要がある

/lib/modules/
の下に
インストールされているカーネルのバージョンごとにディレクトリが作成され
その中に配置されている

確認するには
rpm -q kernel

ls /lib/modules/
の結果から
インストールされているカーネルと
モジュールの確認ができる

モジュールとカーネルは
依存関係にあるため
カーネルをバージョンアップしたら
モジュールま再度導入する

VirtualBox の場合
Guest Additionsをインストールするけど
これは
インストール時に使っているカーネルに合わせ
モジュールをビルドしなおすため
開発ツール一式をインストールしておく

yum groupinstall"Development tools"
これで一度で開発ツールがインストールできる

インストーラーは
カーネルのバージョンに対応したファイルを要求する

ヘッダーファイルは
kernel-develパッケージに含まれるけど
yum install でやろうとしても
最新版のみ対応なため
カーネルバージョンを指定してインストールしないとダメ

カーネルバージョンを調べるには
uname -r
で調べることができる

この結果をコピペでもいいけど
バッククォート、``で囲めば
実行結果の内容をコマンドラインで使えるので
yum install kernel-devel-`uname -r`
とすれば、簡単にインストールできるし
コピペしなくてもよくなる

ここまでできたら
あとは、Guest Additionsをインストールするだけ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック