FC2ブログ

外部リポジトリの設定

外部リポジトリの設定

外部リポジトリの設定に必要な
.repoファイルは
リポジトリごとのrpmパッケージとして配布されている

設定用のrpmパッケージは
rpmコマンドで導入

やり方は、rpmパッケージをURLで指定する

RepoForgeの設定用rpmパッケージを
64bit CentOS 6 へ導入するなら

rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

となる


EPELの設定用rpmパッケージの場合
PGP鍵という
復号のための公開キーがインストールされていないと
警告がでてしまうため、先に
rpm --import コマンドで
PGP鍵をインストールしておく

rpm --import http://ftp.riken.jp/linux/fedora/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6

そして、EPELの設定用rpmパッケージのインストール

rpm -ivh http://ftp.riken.jp/linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

となる

Remiの場合、Linuxサーバーの典型セットであるLAMPに特化しているため
その他パッケージはEPELリポジトリを使っているため
あらかじめEPELの設定をしておかないとダメ
これができたら、Remiの設定用rpmパッケージをインストール

rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

で導入できる


導入後
RepoForge
EPEL
は標準で有効になっているので
デフォルトでは無効にしておき
必要に応じて
yum コマンドで有効にするようにする

有効、無効の設定は
.repoファイルの
enabledで設定する

epel.repo
rpmforge.repo
のenabledの設定を
1 から 0 に変更しておく

リポジトリの切り替えは
yumコマンドの
--enablerepo
--disablerepo
で行う

外部リポジトリを有効にして
phpを入れるとバージョンが違う

yum install --enablerepo=rpmforge,epel,remi php

これを実行すると
--enablerepo=rpmforge,epel,remi
により
remi
epel
rpmforge
の外部リポジトリが有効にした状態での
php がインストールされる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック