FC2ブログ

パッケージの依存関係の確認

パッケージの依存関係の確認

インストールしたパッケージの依存関係は2つあり

rpm -qR パッケージ名

指定したパッケージ名が依存しているファイルなどを表示

rpm -q --whatrequires パッケージ名

指定したパッケージ名に依存されているRPMパッケージを表示する
となる

例えば
yum install bind-chroot

DNSサーバーのBINDをインストールしたばあい

bind-chrootの依存関係を見るなら
rpm -qR bind-chroot
とする

この結果から
bindパッケージに依存していること
/bin/sh
grep
が必要なことがわかる

次に、
bind-chroot
bind
のパッケージが他から依存しているかを
--whatrequires オプションで確認

rpm -q --whatrequires bind-chroot
rpm -q --whatrequires bind

この結果から
bindが bind-chrootから依存されているのがわかる

依存するパッケージがある場合
削除するには
両方のパッケージを同時削除するか
依存されていない順に削除していく

bindは bind-chrootに必要なので
rpm -e bind
としても削除できないけど

rpm -e bind-chroot
rpm -e bind
と順番に削除することはできる

後、たまにあるけど
パッケージ更新したらバグがあるから
古いバージョンに戻したいときの対処

こんなときには
--oldpackage オプションをつけて
ダウングレードインストールする

書式にすると

rpm -Uvh --oldpackage パッケージ名

例えば
最新版のbind関連パッケージを
インストールメディアに入っていたrpmパッケージに
ダウングレードインストールするなら

rpm -qa | grep ^bind
で調べて

rpm -Uvh --oldpackage bind関連のパッケージ名


ダウングレードインストールして

再度
rpm -qa | grep ^bind
で調べると、バージョンがダウングレードされたのが確認できる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック