FC2ブログ

Linux のパッケージシステムについて

Linux のパッケージシステムについて


パッケージファイル名は以下の形式で命名されている

パッケージ名-バージョン-リリース番号-アーキテクチャ.rpm

例えば
httpd-2.2.15-28.el6.centos.x86_64.rpm
なら
パッケージ名
httpd

バージョン
2.2.15

リリース番号
28

アーキテクチャ
el6.centos.x86_64

となる


パッケージのバージョン管理は
バージョンとリリース番号を組み合わせたファイル名で実施している

バージョン番号が同じ場合
リリース番号の大きいほうが新しいものとして
更新対象になる

バージョンアップして
パッケージのバージョンが更新されると
リリース番号が更新される

yum check-update
を実行すれば
現在インストールされているバージョンと
リポジトリの最新バージョンと比較することで
アップデート候補を表示することができる

また、コマンドを使うことで
インストールされているパッケージの一覧表示ができる
rpm なら

rpm -qa

というように
-qa オプションをつけることで表示できるけど
一覧表示だけでは履歴がわからない

こんなときには
--last オプションをつけることで
最後に導入されたパッケージから順番に表示できる

rpm -qa --last
とすればOK

ただし、あまりにも長いと見にくいので
最後のほうから調べたいのなら
head コマンド
を使い上位10件だけ表示するとか
grep で絞り込みをかけることで、
より効率的に探すことができる

head と組み合わせるなら
rpm -qa --last | head
これで、最後から10件表示となる

この使い道は、あるときからトラブル発生した場合
パッケージのバージョンアップが原因であるか調べるのに使える

これには、ログをみるスキルと併用すると効率的に
調べることができる

yum などで一気にインストールすると依存関係も楽だけど
管理者が意図しないパッケージも導入されることが多い

インストール済みパッケージの情報を調べることができるなら
意捨て無の状態を確認できる

パッケージ情報を調べるために使える rpm コマンドの
主なオプションとしては

rpm -qi パッケージ名
パッケージ情報を表示

rpm -ql パッケージ名
パッケージに含まれるファイルを表示

rpm -qc パッケージ名
パッケージに含まれる設定ファイルを表示

rpm -qd パッケージ名
パッケージに含まれるドキュメントファイルを表示
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック