FC2ブログ

設定ファイルを初期状態へ戻す方法

設定ファイルを初期状態へ戻す方法

一番無難なのは
設定変更する前にファイルをバックアップしておくこと

しかし、バックアップしたファイルが削除されたり
バックアップがない可能性もあるため
復旧方法を学習しておく

今回の環境は、CentOSで
Apacheの設定ファイルである
httpd.conf
を間違えて削除した場合の対処

これをパッケージ中の設定ファイルをインストールして復旧

まず、httpd.confがどのパッケージに含まれるか調べる
もし、パッケージ名がわかれば
そのパッケージからhttpd.confを取り出せばいい

とはいっても、書いているだけではスキルがあがらないので
VMware Player で
CentOS 6.4 64bit 環境を構築し
これを使って実験する

仮想マシンはDHCPでIP取得する設定にしているのなら
ubuntu から
sudo nmap -n -sP 192.168.10.0/24
というように、LAN内部のIPを調べ
ssh でリモートログインする

ログインできたら
yum -y install httpd

Apache をインストールし
実験開始

不安があるのなら、一度仮想マシンのバックアップをとったほうがよいかもしれない

まず、設定ファイルを削除する
rm -f /etc/httpd/conf/httpd.conf
これで
/etc/rc.d/init.d/httpd start
としても起動できなくなる

この場合、httpd.conf と関連が深そうなファイルを探すことになる

ls /etc/httpd/conf
で調べると
magic がでるので
これを調べる

CentOS は rpm パッケージなので
rpm -qf /etc/httpd/conf/magic
でパッケージ名を表示してみると
httpd-2.2.15-28.el6.centos.x86_64

となり、httpd パッケージに含まれることが判明

次に、-ql オプションを使って
httpd パッケージの構成ファイル一覧を表示

rpm -ql httpd | grep conf
で絞って探すと

/etc/httpd/conf
/etc/httpd/conf.d
/etc/httpd/conf.d/README
/etc/httpd/conf.d/welcome.conf
/etc/httpd/conf/httpd.conf
/etc/httpd/conf/magic
/etc/sysconfig/htcacheclean
/etc/sysconfig/httpd
/usr/lib64/httpd/modules/mod_log_config.so

となり、httpd.conf が含まれるのが確認できる

次に、httpd パッケージをダウンロードする
これは
yumdownloader を使う

これは、rpm パッケージをダウンロードするツール

yumdownloader httpd
とすれば
httpd-2.2.15-28.el6.centos.x86_64.rpm
がダウンロードできる

ただし、パッケージを普通にインストールしようとしても
すでに導入済みだとインストールできないので
--force オプションをつけ
強制的に再インストールする

rpm -Uvh --force httpd-2.2.15-28.el6.centos.x86_64.rpm
でインストール

ls /etc/httpd/conf/
でディレクトリを確認すると
httpd.conf があるのが確認できる

これで
/etc/rc.d/init.d/httpd start
とすると
apache が起動できるのが確認できる
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック