FC2ブログ

find コマンドによるファイル検索

vi コマンドでファイルを編集している途中、
電源が落ちてしまい、再度編集しようとしたら
次のようなメッセージが発生

E325: ATTENTION Found a swap file by the name ".clamav.sh.swp" owned by: root dated: Sun Aug 16 14:22:15 2009 file name: ~root/clamav.sh modified: YES user name: root host name: fedora.snowhome.com process ID: 1569 While opening file "clamav.sh" dated: Sun Aug 16 14:30:20 2009 NEWER than swap file! (1) Another program may be editing the same file. If this is the case, be careful not to end up with two different instances of the same file when making changes. Quit, or continue with caution. (2) An edit session for this file crashed. If this is the case, use ":recover" or "vim -r clamav.sh" to recover the changes (see ":help recovery"). If you did this already, delete the swap file ".clamav.sh.swp" to avoid this message. "clamav.sh" 0L, 0C
どうやら、同じファイルが存在しているのと、
途中で終了したため、保存されているないようがあるようです

まずは、修復をしたいので、
Enter を押して、
次に /recover を入力し、内容を復元

このまま vi clamav.sh を実行しても
、swap file として残っているのが原因で同じエラーが発生するので、
[root@fedora ~]# find / -name .clamav.sh
を実行し、ファイルのある場所を 全体から検索
そして削除
(ファイル検索に参考となったのは http://www.k-tanaka.net/unix/find.html とても参考になりました)

もう少し詳しく調べてみたかったので
google で
「ファイルの保存 Linux 復元 vi」
で検索してみたところ、Linux で vi のスワップファイルから復元するという内容を発見しました

こちらに詳しい対処法の内容がのっています
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック