FC2ブログ

LinuxのCIFSでファイル共有

LinuxのCIFSでファイル共有

ファイルサーバーは
CIFS
Common Internet File System
で通信することがほとんど

これは、Windowsのファイル形式の
SMB
Server Message Block
と互換性があるから

WindowsからCIFS形式のファイル共有へ接続するには
パスに
\\ファイル形式共有のIPアドレス\
と入力する

Linuxの標準的ファイル共有は
NFS
Network File System

このため、Linuxの機能では
Windowsのファイル共有にアクセスできない

LinuxからCIFS形式のファイル共有を利用するには
samba-clientパッケージをインストールする

CentOSなら
yum install samba-client
でインストール

これで、LinuxからWindowsのファイル共有へアクセスするには

mount.cifs //IPアドレス/共有ディレクトリ /mnt -o user=ユーザー名

とする

例えば

mount.cifs //192.168.10.100/cifstest /mnt -o user=test
というように
する

mount.cifs
は、CIFS形式のファイル共有へアクセスするためのコマンド

-tオプションに
指定するファイルシステムの形式を変更することで
様々な形式の記憶領域を
Linuxから使えるようになる

/mnt
は、ファイル共有の領域を接続するディレクトリの指定

コマンドを実行すると
/mnt の下へ共有ディレクトリの中身が表示される

-o
は、接続時のオプションを指定
今回は、userを指定して
接続に利用するユーザー名を指定している

指定しないと
環境変数のUSERの値を使うことになる

他には
rw
ro
などがあり

rwは、接続先を読み書き可能にして
roなら、読みとり専用になる

これで、ファイル共有がLinuxからでもできるけど
OSを再起動したら、またコマンドで接続
というのは面倒なので
OS起動時に自動接続されるように
/etc/fstab
を編集する

ただし、設定を失敗するとOSが起動しなくなるため
最初は仮想マシンで練習したほうが無難

書き方は
//IPアドレス/共有ディレクトリ名 /mnt cifs username=ユーザー名 0 0

あと、LinuxからNFS領域を利用するなら

mount -t nfs NFSサーバーのIP:/NFSで公開しているディレクトリ /mnt
となる

例えば
mount -t nfs 192.168.10.100:/nfs /mnt
なら

/mntに
192.168.10.100の
/nfsディレクトリが
自ホストの/mntへ接続される

接続の解除は、umountコマンドで行う

umount /mnt

ただし、ファイル共有ディレクトリを利用中のユーザーがいると
接続の解除ができない

もし、他に使っているユーザーがいるなら
device is busy
と表示される

この場合
fuserコマンドを使うことで、利用中のユーザーを確認できる

fuser -m ファイル共有ディレクトリ名

このfuserコマンドを使うことで
どういう操作をしているかも把握できる



--
から送られてきた高速メモ帳
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック