FC2ブログ

投稿内容のエラーチェック

#08 エラーチェックをしてみよう
http://dotinstall.com/lessons/poll_php_v2/9708
を参考に
投票された内容をチェックしてエラーが発生した場合の処理を実装

まず、トークンが入っていて
セッションの中のものと同じかチェックする

if(empty($_SESSION['token'] || $_POST['token'] != $_SESSION['token']){

で判定できる
empty($_SESSION['token']
は token が空という意味

$_POST['token'] != $_SESSION['token'])
は、token とおくられてきた token が違うなら
という意味

||はもしくは、というOR判定
これで、どちらかの条件にあてはまるものを検出できる

もし、該当するなら
echo "不正な操作です";
exit;
で終了する

続いて、エラーチェック
回答は1~4なので
if(!in_array($_POST['answer'],array(1.2.3.4)){
で判定する

in_array() は
配列に指定した値があるか検索する
http://php.quus.net/array/in_array.php
を参考

今回なら
answer の値が1~4の間に入っているか調べている
!がついているので、条件式としては
入っていないなら、という意味になっている

この場合、エラーを出すように
$err ="写真を選択してください";
とする

このままではエラーがでないので、HTML部分にソースを追記

body タグの下あたりに
<?php if(!empty($err)): ?>
<p style="color:red"><?php echo h($err); ?></p>
<?php endif; ?>
と追記する

if(!empty($err)):
は$err に値が入っている場合、
つまりエラーがある場合という意味

この場合
<?php echo h($err); ?>
でエラーを表示している
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック