FC2ブログ

PHP投票システムの設定ファイル作成

PHP投票システムの設定ファイル作成

#03 設定ファイルを作ろう
http://dotinstall.com/lessons/poll_php_v2/9703
をもとに設定ファイルを作成

vim config.php にアプリ共通の設定を作成

まずは、定数を define() で作成していく

DB関連とサイトURLは定数にしておくと書くのが楽になる

define('DSN', 'mysql:host=localhost;dbname=dotinstall_poll_php');
define('DB_USER', 'dbuser');
define('DB_PASSWORD', 'nk31gsfms');

define('SITE_URL', 'http://192.168.10.151 /poll_php/');

こうすることで、後で変更するのも楽になる
エラー出力方法も指定しておく

これはほぼ決まり文句で
NOTICE以外は全て表示するので
error_reporting(E_ALL & -E_NOTICE);

また、一部セッションを使うので
session の設定を行う

session_set_cookie_params(0,'/poll_php/');
これで、poll_php ディレクトリの中だけセッションが有効になる

次に、よく使う関数もファイルを作成して
そこに登録しておく
vim function.php でファイルを作成して
そこにまとめる

参考にするのは
#04 よく使う関数を登録しておこう
http://dotinstall.com/lessons/poll_php_v2/9704

ここにまとめるのは
DB接続関連
そして
HTMLへのエスケープ出力関連

まず、DB接続関係
DB接続は try catch 形式で行う
catch の部分には、うまくいかなかったときの処理を書く

catch(PDOException $e){
echo $e->getMessage();
exit;
}

接続できたときの処理は
try のところに記述する
return でPDOオブジェクトを返すようにする
オプションは
DSN
DBUSER
DB_PASSWORD
という設定ファイルで作った定数を指定する

エスケープに関しては、
htmlspecialchars() を使うけど、長いし面倒なので
h() でできるように設定しておく

function h($s){
return htmlspecialchars($s, ENT_QUOTES, "UTF-8");
}

とすることで、うまくいかなかったときのエラーが
出力される

ここまでできたら、index.php というホーム画面を作成

require_once() で
config.php
functions.php を読み込む
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック