FC2ブログ

ユーザ管理システム作成

ユーザ管理システム作成

ユーザー管理をするWebサービスを作ろう (全19回)
http://dotinstall.com/lessons/sns_php_v2
を参考に
PHP + MySQL で新規登録
ログイン
ログアウト
ホーム画面表示などを学習

まずは
ユーザ情報管理のためのDB作成

http://dotinstall.com/lessons/sns_php_v2/9602
を参考に作成

vim commands.sql として
sql ファイルを作成し内容を

メールは重複しないように unique をつけるようにし
id は自動連番にするので
id int not null auto_increment primary key;
とする

ソースにすると

create database dotinstall_sns_php;
grant all on dotinstall_sns_php.* to dbuser@localhost identified by 'w9EtratU';
use dotinstall_sns_php;

create table users(
id int not null auto_increment primary key,
name varchar(255),
email varchar(255) unique,
password varchar(255),
created datetime,
modified datetime
);

あとは、mysql でDB作成

mysql -u root -p < commands.sql
でsql ファイルからDBを作成
この場合パスワードを聞かれる

しかし
mysql -u root -pddpx22358 < commands.sql
というように
mysql のパスワードを -p の後に続けて書くと
そのまま実行になる

もし、テーブル作成で失敗しているのなら
データベースを一度削除してもう一度実行でOK

DB削除は
mysql -u root -p で
ログインして
drop database dotinstall_sns_php;
で削除できる

次に、設定ファイルを php で設定
共通のものは定数で作成して
分割したほうがメンテが楽

vim config.php で作成
まずは、そのまえに作成するディレクトリなども作っておく
mkdir /var/www/sns_php
cd /var/www/sns_php/

vim config.php でファイルを作成
これは
http://dotinstall.com/lessons/sns_php_v2/9603
を見ながら作成

php の定数の作成は
define() で行う
define('定数','内容');
となる

URLとかDBへの接続はほとんど定数にする
define('SITE_URL','http://192.168.10.248/sns_php');
というように
ローカル開発環境なのでIPを指定

そして
define('PASSWORD_KEY','xfd8sdf');
というように
パスワードをDBに入れる時に暗号化するのに使うものを作成する

そして、エラー出力について
NOTICE 以外はすべて表示したいので
error_reporting(E_ALL & -E_NOTICE);

セッションが有効になるディレクトリも指定するため
session_set_cookie_param(0,'/sns_php/');
として
sns_php の中だけセッションが有効になるようにする

スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック