FC2ブログ

シェルスクリプトとコマンド引数

シェルスクリプトとコマンド引数

#15 コマンド引数を使ってみよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_shellscript/10615
を参考に、
コマンドラインからわたした引数について学習

複数のファイルになんらかの実行をするときに使う

$0
プログラム自身

以降 $9 までがプログラムの引数になり
10以降については
${10} というように {} で数値を囲む必要があるので注意

$@
引数全部

$#
引数の個数


これだけだとわかりにくいので
例を作ってみた

vim arg.sh でファイルを作成して

#!/bin/bash

echo $0
echo $1
echo $2
echo $@
echo $#

で保存して、
chmod +x arg.sh
で権限付与

実行する時に
./arg.sh exitst this world
というように、適当に単語をスペースで区切って書いて実行
このスペースで区切ったのが引数となる

./arg.sh
exitst
this
exitst this world
3
が実行結果

それぞれをスクリプトの引数に照らし合わせると
./arg.sh == $0 プログラム名
exitst == $1
this ==$2
exitst this world ==$@ 引数全部
3 == $# 引数の数

つまり
exitst this world
の部分が引数扱いになる
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック