FC2ブログ

シェルスクリプトの for 文

シェルスクリプトの for 文

#14 for文でループ処理をしてみよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_shellscript/10614
を参考に
シェルスクリプトでの for 文を学習

構文は
for 変数 in 配列
do
行う処理
done

となる

例えば、1から5まで表示するなら
for i in 1 2 3 4 5
do
echo $i
done

となる

とはいっても、通常はこのようにわざわざ全部
書くようなことはせず、配列にまとめるので

a=(1 2 3 4 5)
for i in ${a[@]}
do
echo $i
done

というようにする

a[@] というのは
a配列の中身全部という意味

変数で配列を指定するときには
${} で囲むことを忘れずに

今回なら${a[@]}となる

また、今回の様に1~5というのを全部書くのではなく
seq を使うことで
1~100というような指定ができる

for で指定するときには
バッククオートで囲んで範囲指定する

構文にすると
for 変数 in `seq 始まりの数 終わりの数`
となる

例えば25~30としたいのなら
for i in `seq 25 30`
というように指定する

バッククオートのかき方は
shift + @ で ` となる
shuft + 7 の’と間違えやすいので注意
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック