FC2ブログ

シェルスクリプトでの case 文

シェルスクリプトでの case 文

#12 case文で条件分岐をしてみよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_shellscript/10612
を参考に
シェルスクリプトでの case 文を学習

java script とかPHPなどでは

switch(条件){
case 1:
case1 のときに行う処理;
break;

case 2:
case2 のときの行う処理;
break;

default:
その他の時の処理;
break;
}

となる

しかし
シェルスクリプトの場合
if のときと同じで
caseの範囲を
{} でスコープすることがない

シェルスクリプトでの case 文を
構文にすると

case 条件 in
条件1)
条件1だったときの処理
;;

条件2)
条件2のときの処理
;;
*)
どれも当てはまらない時の処理
defalult 処理と同じ意味
;;
esac

;;は break と同じ意味になる
条件2)

case 条件2 :
と同じ意味

*)

default :
と同じ意味

シェルスクリプトでは if の範囲の終わりが
fi というように if を反対に記述したように

case の範囲の終わりも
esac というように case を反対に記述する


Javascript とかPHPから始めて
シェルスクリプトをやりはじめると
最初に if とか case などでわかりにくいけど
パターンを置き換えて覚えると覚えやすい

== の代わりに -eq
!= の代わりに -ne
などなど
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック