FC2ブログ

コマンドの結果を配列として扱うには

コマンドの結果を配列として扱うには

#07 配列を使ってみよう (2)
http://dotinstall.com/lessons/basic_shellscript/10607
を参考に
配列要素の操作と
コマンドの実行結果を配列で扱う方法を学習

a=(2 4 6)

プログラム中で
6ではなく10に修正するには
a[2]=10
でOK

代入するときには
$a とはせず、そのままa[2] だけでOK

これで
echo ${a[@]}
で表示すると
2 4 6
から
2 4 10
へ変更されている

変更はこれでOKなので
次に要素の追加

これは
+=
で追加していく

a+=(20 30)
として
echo ${a[@]}
で表示すると
2 4 10 20 30
というように、最後のほうへ追加されているのがわかる


そして、次にコマンドの実行結果を配列として扱う方法

まず、変数に date の結果を代入
`` で囲むことで、date の実行結果が返ってくるので
これを変数に格納する
ちなみに、date の結果はスペースで区切られる

d=(`date`)

これを表示するには
echo ${d[3]}
とする

通常、date を実行すると
2013年 6月 5日 水曜日 21:01:36 JST

これを配列3、つまり
スペースで区切った4番目になるので
水曜日
と表示される
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック