FC2ブログ

SQLite での日付、時刻の取り扱い

SQLite での日付、時刻の取り扱い

#13 日付・時刻を扱ってみよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_sqlite/6413
を参考に
日付、時刻について学習

SQLite では、いくつかの定数で時刻を得ることができる
select current_time;
で現在時刻の取得

select current_date;
で現在の日付

select current_timestamp;
で現在の日付と時刻が表示できる

試しに
create table date(name,crated);
でテーブルを作成して
insert into date(name,crated) values('higuchi',current_timestamp);
でデータ挿入

select * from date;
higuchi|2013-06-03 10:52:36
というように、現在時刻が入っていることが確認できる

日付関連リファレンスは
http://www.sqlite.org/lang_datefunc.html
を参考に

この中で一番使われるのが
strftime(format, timestring, modifier, modifier, ...)
というタイプ

指定できるフォーマットは
%d
day of month: 00

%f
fractional seconds: SS.SSS

%H
hour: 00-24

%j
day of year: 001-366

%J
Julian day number

%m
month: 01-12

%M
minute: 00-59

%s
seconds since 1970-01-01

%S
seconds: 00-59

%w
day of week 0-6 with Sunday==0

%W
week of year: 00-53

%Y
year: 0000-9999

%% %

これらのフォーマットを利用して
current_timestamp を日本語表記にするには
strftime('%Y年',current_timestamp)
というようにする

select current_timestamp;
の場合
2013-06-03 11:01:44
となるけど

select strftime('%Y年',current_timestamp);
とすると
2013年

となる

時刻の取得関連はゲーム関連で使うことが多いので
覚えておくと便利
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック