FC2ブログ

SQLite の組み込み関数

SQLite の組み込み関数

#11 組み込み関数を使おう
http://dotinstall.com/lessons/basic_sqlite/6411
を参考に、組み込み関数の使い方を学習

まず、件数を取得する cout
select cout(*) from user;
()の中身にカラムを指定する
• はすべてを意味するワイルドカード

次に、最大値の取得をする max()
select max(score) from user;
こうすることで、score の最大値を取得できる

逆に、最小値を取得したいのなら min()
select min(score) from user;

これらは、ゲーム作成とかに使える

次に、乱数を作成する random()
これはテーブルとか関係なく出来るので
select random();
でOK

もちろん、これも select をつかった通常のSQLとして
利用も可能

select name from user order by random() limit 1;
このようにすれば
抽選でだれか1人だけ選ぶというような仕組みがつくれる
応募者リストを作成し、そこからランダムで
選ぶときなどに有効

構文が長いのでわけてメモすると
select name from user
user テーブルの name の中から選択

order by random()
ランダムで

limit 1
1人だけ
という意味のSQLになる

length() を使うことで、文字列の長さの取得が可能
select name, length(name) from user;
選択したカラムの後に , で一度区切っていることに注意
ちなみに、配列の数え方ではないので
通常の1から数えるやりかたになる

また、どんなデータ型なのか確認するには
typeof() を使う
こちらも カラム名の後 , で区切っているので注意
select name, typeof(name) from user;
としている
seect カラム名 typeof(カラム名) from テーブル名;
という構文

関数に関するリファレンスは
http://www.sqlite.org/lang_corefunc.html
に掲載されているので
こちらを参考にすると効率的
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック