FC2ブログ

SQLite のDB操作

SQLite のDB操作

#03 データベースを操作してみよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_sqlite/6403
を参考に
軽量なDBのSQLite の操作を実践

Ubuntu に練習用ディレクトリを作成して
そこで実践する

mkdir sqlite
cd sqlite

まずはDBの作成
これは
sqlite3 データベース名.sqlite3
とする

拡張子が .sqlite3 となるようにする

もし、すでに sqliteデータベースがあるなら
そこに接続するし、ないのなら新規作成となる

これは vim でのファイル編集とおなじ

すると、
sqlite>
という状態になるので
.help とすれば
英語のヘルプがでてくる

データベースを抜けるには
.exit
とする

MySQL のときには exit でできたけど
SQLite の場合は .exit となる
ちょっと違うので間違えやすい

一度、SQLite を抜けてから、再度
sqlite3 dotinstall.sqlite3
とすれば、再度DBへ繋がることができる

テーブル作成には
create table users(name);
とする
ただし、実行しても何も成功したなどもメッセージがでてこない

また、端末と同じように上下キーで
実行したコマンドの履歴を出すこともできるし
実行することもできる

SQLite の場合、DBの削除には
作成した SQLite ファイル
今回なら
dotinstall.sqlite3
を削除するだけでOK

同様に、DBのコピーもファイルコピーでOK
という手軽さが特徴

MySQLなどの場合、削除はもっと面倒
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック