FC2ブログ

git のリポジトリ内容の共有

git のリポジトリ内容の共有

#21 リポジトリの内容を共有してみよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_git/6721
をもとに、
複数ユーザでの内容の共有について学習

今回は、共有リポジトリの内容を
myweb2
というディレクトリの中に作成する

これには
git clone
を使う

git clone ~/ourweb.git/ myweb2
と実行すると

Cloning into 'myweb2'...
done.
となり、
新しく myweb2 というディレクトリが作成され
その中にリポジトリも作成されている

書式としては
git clone 共有リポジトリのURL 新しいディレクトリ
というかんじになる

内容ができているか、確認するには
cd myweb2/
git log
で確認できる

そして、今度は、myweb2 の中でファイルを編集して
それを 共有リポジトリに追加する
vim index.html
でファイルを開いて
line end
と追記して保存

git add .
でインデックス化

git commit -m "line end added"
でリポジトリ登録


git clone したときに、リモート情報も
引き継ぎできているので
git push で共有リポジトリに追加することができる

今回なら
git push origin master
とすれば、URLの指定をせずに、そのまま送ることができる
これは、リモート情報も引き継ぎしているため


とりあえず、ユーザB役での編集などはできたので
今度は
ユーザA役の myweb ディレクトリで操作する
Linux なら端末を
Ctrl + Alt + t で開けるので
新しい端末を開いて
cd myweb/
で移動

共有リポジトリの内容をマージするには
git pull
を使う

でも、違いを理解するために
まずは git log で内容の確認

commit 0180f5a3844aa7df2cb4c231f03df5e61f36efe9
Author: snowpool
Date: Thu May 30 20:51:12 2013 +0900

line3 added
が最新の内容

確認したら、 git pull で内容を共有リポジトリから引っ張ってくる
今回なら
git pull origin master
とする

これで、git log で内容を確認すると

commit b3c348a6f9fa5416831020ad5649fbdf09050acc
Author: snowpool
Date: Fri May 31 20:57:41 2013 +0900

line end added

とでているので、
ユーザB役の myweb2 ディレクトリで編集したものも
しっかりと反映されていることが確認できる


これらのことから、
git clone で共有リポジトリを作成

git push で編集した内容をアップする

git pull で編集された内容をダウンロードして編集する

というような流れで複数の人による共同開発が可能となる

もっとも、複数人数での開発以外にも
git サーバーを構築して
自分の複数マシンでソースを共有することで
外出先でもソースの編集を容易にするという使い方もできるので
git 関連をやっておくと便利だと思う
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック