FC2ブログ

git によるバージョン管理

git によるバージョン管理

git とはバージョン管理につかうもの
公式サイトは
http://git-scm.com/book/ja

ドットインストールでは
Linux で
git
vim
を使っている

作業ディレクトリは
/home/ユーザとなっている

このあたりについては
#01 gitとは何か?
http://dotinstall.com/lessons/basic_git/6701
を参照

とりあえず、今回はgit の学習ということで
デスクトップの Ubuntu へインストール
参考にしたのは公式サイトの
インストールページ
http://git-scm.com/book/ja/%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%82%8B-Git%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB

sudo apt-get install git
でインストール完了

vim に関しては
sudo apt-get install vim
でインストールできる


ちなみに、
ディストリによってインストール方法が異なる
fedora
centOS の場合
yum install git-core
となる



git の概要としては

ファイル作成

修正

ある程度まとまったらDBへ保存


作業ディレクトリ
 ファイルの作成、修正など

インデックス
それぞれの状態、つまりバージョンの違いを保存

リポジトリ
ローカルとリモートがある
個人ならローカル
リモートはネット上でソース共有に使える

ドットインストールでは
ローカルのほう

準備完了できたら
#04 初めてのコミットをしてみよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_git/6704
から
git の学習を開始
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック