FC2ブログ

twitter のユーザ認証

twitter のユーザ認証

#07 ユーザー認証をしてみよう
http://dotinstall.com/lessons/tw_connect_php_v2/21907
を参考にユーザ認証について学習

認証したユーザーの情報を取得するためのAPIは
https://dev.twitter.com/docs/api/1.1/get/account/verify_credentials
を参考にする

認証に必要な callback.php を作成

ユーザ認証には
codebird.php を使うので
require_once('config.php');
require_once('codebird.php');
で読み込む
ファイルのパスに注意

初期化に
consumer key
consumer secret
が必要なので、これは定数から取得する

初期化のあたりは、
https://github.com/mynetx/codebird-php

1. Authentication
を参考にして、ほぼコピペ

Codebird\Codebird::setConsumerKey('YOURKEY', 'YOURSECRET');

Codebird::setConsumerKey(CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET);
というように定数に変更

$cb = \Codebird\Codebird::getInstance();
はそのままコピペ

ユーザ認証関連もコピペでOKらしいけど
https://github.com/mynetx/codebird-php

Or you authenticate, like this:

の下にコードが載っているが、バージョン変更されたのか
コードが微妙に違っているので
http://dotinstall.com/lessons/tw_connect_php_v2/21907
の部分を使ってみた

twitter で認証されると
GETで 'oauth_verifier' が渡される
if (! isset($_GET['oauth_verifier'])) {
なので、もし渡されないならという意味

$auth_url = $cb->oauth_authorize();
header('Location: ' . $auth_url);
die();
では、 twitter 認証画面に飛ばしている

その場合、スコープ内の処理が実行される

認証できたなら
else のスコープの中の処理が実行される

'oauth_verifier'
は認証完了したときに返ってくる値

$_SESSION['oauth_token'] = $reply->oauth_token;
$_SESSION['oauth_token_secret'] = $reply->oauth_token_secret;
はユーザが必要なAPIにアクセスするのに必要

$cb->setToken($reply->oauth_token, $reply->oauth_token_secret);
でユーザが必要なAPIを使えるようにする処理

$me = $cb->account_verifyCredentials();
でユーザ情報をみることができる

ここまでできたら
var_dump($me);
で格納できているか確認

account_verifyCredentials();

codebird.php での twitter API を使ったアクセス方法

詳しくは
https://github.com/mynetx/codebird-php
3. Mapping API methods to Codebird function calls
を参考に

スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック