FC2ブログ

診断結果の ツイート

http://dotinstall.com/lessons/shindan_js/4805
を参考に
結果をツイートする機能をつけてみる

これは今後もいろいろと応用できそう

Web Intents | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/intents
も参考にするとよりわかりやすい

まず、表示領域を div で作成

<div id="tweet"></div>

処理は script タグの中に追記する

var tweetLink ='';
$('#tweet').html(tweetLink);

var tweetLink ='';
の中へリンクの作成を追記する

これは、公式サイトのドキュメントに載っている
Web Intents を使う
URLは
https://dev.twitter.com/docs/intents

この中にある
Tweet or Reply to a Tweet
を使う
https://dev.twitter.com/docs/intents#tweet-intent

この中で使うURLが
https://twitter.com/intent/tweet?

使うオプションが
Web API ではおなじみの?のあとに
追加していくことができる

オプションについては
Supported Parameters
の項目にそれぞれの説明が英語で記載されている


これを元にコードを書いていく
今回はツイート機能なので
https://twitter.com/intent/tweet?text=投稿内容
というかんじになる

ただし、日本語そのままだと文字化けするので
encodeURIComponent()
でエンコードしておく必要がある

結果は
result に格納されているので
encodeURIComponent(result)
というようにする


今回はハッシュタグをつけているので
&hashtag=dotinstall
もつけているので
var tweetLink = '<a href="https://twitter.com/intent/tweet?text='+ encodeURIComponent(result) +'&hashtags=dotinstall">ツイートする</a>';

このままでも使えるけど、名前をいれなくても
できるという問題があるので、これを対処

この処理には
if () で判定する

if($('#name),val() ==''){
alert('名前を入力してください');
return false;
}

関数の中で終わらせるには
return false;
を使う

これで 結果のツイート機能
そして入力チェックのできあがり
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック