FC2ブログ

URL短縮実践

URL短縮実践

http://dotinstall.com/lessons/basic_google_url_api/10404
を参考にURL短縮の実践

なお Eclipse のPDTプラグインをいれて
ソースを書くと、入力コードを減らせるのでおすすめ

オプションは
json形式でわたす必要がある

これは
json_encode() を使って json へ変換する
そして、変数へ格納している

$params = json_encode(array('longUrl'=>$longUrl));

次に、curl をつかう
curl はソースからPHPをインストールしていると
パラメータにつけていないと使えないことがあるので注意
XAMPP とか CentOS なら yum で
インストールしていると、有効化されている

$curl = curl_init();

curl_setopt($curl, CURLOPT_URL, $url);
これで curl にURLをわたす

curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTPHEADER, array('Content-Type: application/json'));
これは
Content-Type: application/json
をわたす
この部分は、リファレンスのコピペになる

curl_setopt($curl, CURLOPT_POST, 1);
これで
POST形式になる


curl_setopt($curl, CURLOPT_POSTFIELDS, $params);
これで、JSON形式データをPOSTでわたす

curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, 1);
これで
返ってきたデータを文字列で受けとる

そして
これらのレスポンスを受けとるのが
curl_exec()

データはJSON形式なので
json_decode() を使い、それを変数に格納する

ソースにすると
$res = json_recode(curl_exec($curl));

これであとは curl を閉じるので
curl_close();
とする

結果をみたいのなら
var_dump($res);
とすれば結果をみることができる

スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック