FC2ブログ

簡単なテストケース作成

Selenium IDE を使ってアプリのテスト

その中で必要になる
ロケーター
バリデーション
複数のテストケースをまとめるテストスイートについてのめも

ロケーター
Slenese が対象を指定するためのもの
jQuery におけるセレクタと同じ役割

Slenium IDE だと
ロケーターは識別子 identifier
CSS
XPath
DOM
の4種類が使える

まず、識別子の identifier
これはデフォルトで使われるロケータ
identifgier = idOrName
というように記述される

識別子では
idOrName に一致する最初の id 属性を持つ要素を探す
一致するのがみつからないと
idOrName に一致するname 属性を持つ要素を探す
つまり、最初に
id
ないなら
idOrName を探す

デフォルト設定なので、実は
identifier = は省略できる

id だけとか name だけで要素指定するなら
id=myId
name=myName
というように書く

指定する要素の id , name などを振ってあるなら
一番楽に使える


次にCSSの場合
css=
でCSSセレクタと同じ記述で要素を指定できる
Slenium IDEだと
複雑なCSSセレクタで絞り込むとできなかったりする
XPath よりは動作が速い


そして XPath
これは
xpath= に続けてxpath を指定する
いろいろな表現ができるけど
ブラウザ依存するし、実効速度が遅くなったりする
あと、記述はCSSより長めになる傾向あり
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック