FC2ブログ

AnimatedSpriteクラス

AnimatedSpriteクラスは
通常のTetureRegion クラスではなく
タイル状に画像が配置されたTextureRegion である
TiledTextureRegion クラスの
インスタンスを使う

読み込んだ画像を
パラパラアニメのように再生できる

このパラパラアニメをループさせることで
キャラクターやオブジェクトを表現する


コインの画像がアニメーションする
とはいっってもその場でぐるぐるまわるだけだけど
とりあえず、1枚の画像だと飛んでいる感じがしないから
AnimatedSprite() で3種類の画像を順に表示して回転しているように見せかけている

基本的にゲームは見せかけの動きが多い


TiledTextureRegion クラス
TiledTextureRegion クラスは、
インスタンス化時、
コンストラクタを最後の2つの引数が画像をマス状として見た時の
横のマス数、
縦のマス数
となる

TextureRegion は画像をそのまま描画するけど
TiledTextureRegion は
与えられた横のマスの数
縦のマスの数
に従って同じサイズにリソースを分割して
別々に保持する

BitmapTextAtlasTextureRegionFactory.createfileFromAsset(
tta,
gameActivity,
fileName,
0,
0,
1, 横のマスの数
3 縦のマスの数
);

となる

スマートフォン向けのweb アプリを作る時に
HTML5で画像を読み込むときに
すべての絵を1つのファイルにまとめておいて
そこから切り抜いて使うのと似たような作業になる

IOnSceneTouchListener インターフェースを実装したクラスでは
タッチイベントを受けとることができるようになる

スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック