FC2ブログ

逆ジオコーデイングで現在地取得

逆ジオコーデイングで現在地取得

逆ジオコーデイングは、
緯度経度から現在地の住所を割り出す方法

使い道は
ゲームで地域限定アイテムを配布するときなど

この場合、緯度経度よりも住所のほうが判断フラグなどを立てやすい

住所から緯度経度を取得するのが
ジオコーデイング

緯度経度から住所を取得するのが
逆ジオコーデイング

どちらも
Google Geocoding API
で実現可能

利用するために取り込むライブラリは
Google Maps APIと同じで
http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=true
になる


ジオコーデイングを使うには
google.maps.Geocoderオブジェクトを作成し
そのgeocoderメソッドを呼び出すことで実現する

geocoder()は
第一引数へ、緯度経度
第二引数へ、コールバック関数

を指定し、ジオコーデイングの結果を受け取る

結果は、
オブジェクトの配列となる

このため
先頭の配列にある
住所の完全な形になる
formatted_addressのデータをテキストデータにすれば
住所が得られる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック