FC2ブログ

GelocationAPIメソッド

GelocationAPIメソッド

以下はメソッドのメモ

getCurrentPosition()
現在位置を一度だけ取得

watchPosition()
定期的に位置情報を取得

clearWatch()
定期的位置情報を取得するのを停止する

ナビとか位置情報ゲームの場合
定期的に取得する
watchPosition()
そして、ゲーム終了するときに
clearWatch()
を使うことになる


getCurrentPosition()と
watchPosition()は、
引数や使い方はほとんど同じ


getCurrentPosition()の書式は

navigator.getCurrentPosition(
successCallback,
errorCallback,
options
)

となる

引数の意味は
successCallback
位置情報取得できたら呼び出す関数

errorCallback
位置情報取得できないときに呼び出す関数

options
タイムアウトなどのオプションを指定

ちなみに、この関数の戻り値はなし

コールバック関数は
fuctionで自作

例えば
fuction successCallback(pos){
var lat=pos.coords.latitude;
var lng=pos.coords.longitude;
alert("現在地:"+lat+","+lng);
}


fuction errorCallback(error){
alert("エラー:"+error.message);
}

位置情報取得実行に関しては
navigator.geolocation.getCurrentPosition(
successCallback,
errorCallback
);
となる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック