FC2ブログ

application Cacheの利用の手順

Application Cacheの利用の手順

まず、オフラインで動かしたいアプリで使うファイルを準備

次に
準備したファイルをもとに、マニュフェストファイルを作成

ちなみに、マニュフェストファイルはテキストファイルで
拡張子は
.appcache
以前は.manifestだったけど、Windowsで存在していたため
現在は、
.appcacheになったらしい

マニュフェストファイルは
最初の一行目は
CACHE MANIFEST
となる

Linuxとかで、シェルスクリプトで
最初に
#!/bin/sh
と書くようなお約束

そして、あとはキャッシュしておきたいファイルの
URL一覧を記述していく
もし、キャッシュしておきたいファイルが
test.html test.png test.js
なら

ファイルの中身は
CACHE MANIFEST
test.html
test.png
test.js

というようになる

あと、マニュフェストファイルでコメントアウトしたいときには、
最初に#をつける

たとえば
バージョン1とコメントしたいなら

CACHE MANIFEST
#バージョン1
test.html
test.png
test.js

となる

コメントアウトは、JavascriptやJava
PHPなどで、コードをわかりやすくするときに使われる

ちなみに、#をつけるのはLinuxサーバーの
設定ファイルを変更するときにも使われる

たいていはvi もしくはvimでの操作になるけど
覚えておくとかなり楽になる

マニュフェストファイルの作成ができたら
HTMLファイルの中の
htmlタグの
manifest属性へ
マニュフェストファイルのURL(パス)を記述する

たとえば、マニュフェストファイルが同じディレクトリの中にあり
ファイル名が
test.appcache
なら

<html manifest="test.appcache">
となる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック