FC2ブログ

Amazon Advertising API の流れ

検索キーワードは
rawurlencode() でURLエンコードする

時刻認証パラメータ Timestamp をAmazon の使用にそって作成

時間の表示はISO8691形式
タイムゾーンはUTCで
2012-12-18T11:09:51Z
というようになるようにする

UTCで現在時刻を出力するには
gmdate() を使う
これも最後にrawurlenccode() で
URLエンコードする

//Timestamp 作成
$Timestamp =gmdate('Y-m-d').'T'.gmdate('H:i:s').'Z';
$Timestamp=rawurlencode($Timestamp);

そして、Amazon の使用にそった順番でパラメータを記述し変数に格納

署名認証パラメータのSignature をAmazon の仕様にそって作成
署名対象のリクエスト文字列を整えて変数に代入
それをAmazon から発効されたシークレットアクセスキーを使ってRFC2104準拠の
HMAC-SHA256ハッシュアルゴリズム計算して
それをさらにBASE64エンコードし
最後にURLエンコードする

仕様の詳細は
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/G/09/associates/paapi/dg/index.html?rest-signature.html
を参照

あとは、パラメータを組み合わせて
データ取得用URLを作り、XMLパースする
これも変数に格納

取得した検索結果
$xml->Items->Item

foreach() で1つずつ代入しながら処理

使用するレスポンス名が長いためこれを変数にすると
書きやすい

商品名と画像を表示して商品ページのリンクURLをはって
価格などの情報を定義リスト表示する

そして、 if else で検索結果がないなら
メッセージを表示するようにする

という流れ
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック