FC2ブログ

楽天のショッピングサイトの商品を表示 その2

リクエストパラメータ確認

まず、楽天の商品検索APIを使うため
applicationId
アプリID

keyword
キーワード

を指定する

そして、wordpressてPHPてWebAPIを使うので
format
は今回は、xmlを指定

その他のパラメータとして

hits
取得件数の指定

sort
並び方

最低金額
minPrice

最高金額
maxPrice

商品画像の有無を指定する
imageFlag

除外キーワード指定の
NGkeyword

を使って、リクエストURL作成

ベースURLへ
?
をつけて、パラメータは
&
てつなげて作成する

並び順は、
-reviewAverage
てレビューの低い順にしてみます

ベースURLは長いため
変数
$baseurlへ格納します

もし、いくつかベースURLがあるなら
わかりやすいように
$rakyten_baseurl
とするとわかりやすくなります

これで、リクエストURL作成すると
$baseurl?applicationId=アプリID&keyword=キーワード&NGkeyword=除外キーワード&format=xml&sort=-reviewAverage

ただし、sortの値をurlエンコードする必要があります

レスポンスフィールドのうち、使用するてーたの確認

商品の一覧表示に使うのは以下のデータを使います

count
検索結果の総数

Items->item->itemName
商品名

Items->Item->catchcopy
キャッチコピー

Items->Item->itemPrice
商品価格

Items->Item->itemURL
商品のURL

Items->Item->mediumImageUrls->imageUrl([0])
商品画像

Items->Item->reviewCount
レビュー件数

Items->Item->reviewAverage
レビューの平均点数

Items->Item->shopName
店舗名

Items->Item->shopUrl
店舗URL
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック