FC2ブログ

yahoo ショッピング商品検索API 仕様

yahoo ショッピング商品検索API 仕様

今回はXMLで実験してみました

詳しい解説は
http://developer.yahoo.co.jp/webapi/shopping/shopping/v1/itemsearch.html
に掲載されています

ベースURLは
http://shopping.yahooapis.jp/ShoppingWebService/V1/itemSearch

パラメータは
appid
必須
アプリのID

query
検索キーワード
ただし、UTF-8エンコード必須

type
検索のタイプ
all すべての文字列を含む(こっちがデフォルト)
any 検索文字のうちいずれかを含む

jan
JANコードで商品検索

isbn
ISBNコードで商品検索
本を探すときに使う

store_id
店のIDを指定して検索
店の絞り込みに使う
http://store.shopping.yahoo.co.jp/○○○○/index.html
の○○○○の部分のURL
http://shopping.yahoo.co.jp/stores
でお店の名前を選ぶと
でてきます

例えば、
12月度の月間ベストストア 第1位!
の中で
世界のお店ニューヨークの場合だと
http://store.shopping.yahoo.co.jp/newyork19892005/index.html
となっているので、
newyork19892005
の部分がストア名に該当します

price_from
再低価格の設定

price_to
最高値の設定

hits
取得する検索結果の数
デフォルトは20
最大で50

sort
並び替えの設定
ただし、URLエンコードする必要があります
具体的な設定は
+price
価格の安い順

-price
価格の高い順

+name
ストア名順(昇順)
あいうえお順

-name
ストア名順(降順)
あいうえお順の逆

+score
おすすめ順(昇順)
おすすめ度の高いものから

-score
おすすめ順(降順)
おすすめ度の低いものから

+sold
売れ筋順(昇順)
売れているものから

-sold
売れ筋順(降順)
売れていないものから

+review_count
レビュー(昇順)
評価の高いものから

-review_count
レビュー(降順)
評価の低いものから

デフォルトは +score になっています

availability
在庫の設定
在庫があるものだけにしたいなら
availability=1 にする

discount
セール品への絞り込み
セール中商品だけ表示したいなら
discount=1 にする

shipping
送料無料の設定
shipping=1 で送料無料となります

あとは、使いそうなものとして
payment
これは支払方法の絞り込みにつかいます
creditcard
ならカード支払可能
となります

ほかにもパラメータはいくつかあります

続いて、レスポンスフィールド

totalResultsAvailable
検索結果の総数

totalResultsReturned
検索結果のうち、かえってきた検索結果の数

firstResultPosition
最初の検索結果が何個目にあたるかということ
最初は1になります

/ResultSet/Result/Hit/Name
商品名

/ResultSet/Result/Hit/Url
商品URL

/ResultSet/Result/Hit/Description
商品の説明

/ResultSet/Result/Hit/Headline
キャッチコピー

/ResultSet/Result/Hit/Availability
在庫の有無
instock 在庫あり
outofstock 在庫なし

/ResultSet/Result/Hit/JanCode
JANコード

/ResultSet/Result/Hit/IsbnCode
ISBNコード
書籍に使う

/ResultSet/Result/Hit/Model
型番

/ResultSet/Result/Hit/Store/Url
店のURL

/ResultSet/Result/Hit/Store/Name
店の名前

/ResultSet/Result/Hit/Store/Ratings/Rate
お店の評価

/ResultSet/Result/Hit/Store/Ratings/Count
評価した人数

/ResultSet/Result/Hit/Image/Small
76×76サイズの画像URL

/ResultSet/Result/Hit/Image/Medium
146×146サイズの画像URL

/ResultSet/Result/Hit/Review/Count
商品のレビュー件数

/ResultSet/Result/Hit/Review/Rate
商品レビューの平均

/ResultSet/Result/Hit/Review/Url
商品レビューページのURL

/ResultSet/Result/Hit/Price
価格

/ResultSet/Result/Hit/PriceLabel/FixedPrice
定価

/ResultSet/Result/Hit/PriceLabel/SalePrice
セール価格

/ResultSet/Result/Hit/Category/Current/Name
現在カテゴリ名

/ResultSet/Result/Hit/Point/Amount
ポイント数


これらを使って
リクエストURLを組み立てます

例えば、
検索キーワードを指定して商品を探し
その中で、在庫があるのだけを表示するようにします

この場合
リクエストURLは
http://shopping.yahooapis.jp/ShoppingWebService/V1/itemSearch?appid=アプリID&query=検索キーワード&availability=1
というようになります

なお、検索キーワードは
URLエンコードする必要があります
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック