FC2ブログ

Simple API Wikipedia API

ベースURLは
http://wikipedia.simpleapi.net/api

リクエストパラメータは
keyword
キーワードの指定

q
キーエアー℃の指定
実はkeyword と同じ

output
データの出力形式を指定
デフォルトはXML

レスポンスフィールドの
フィールド名は
url
wikipedia の項目ページのURL

title
項目のタイトル

body
本文のダイジェスト

length
本文の長さ

となっている

これらを使って
wikipedia から任意のキー輪小渡にマッチした
記事を検索し、その内容を表示するようにする

このためには、まずリクエストURLを作成する

ベースURLの
http://wikipedia.simpleapi.net/api
にリクエストパラメータをつなげて
データ取得用のリクエストURLを組み立てる

ただし、keyword に指定する値については
日本語対応するために
URLエンコードする

URLエンコードには
urlencode() を使う

取得するデータ出力形式は
wordpress で処理しやすいようにPHPにする

これらを考慮し、リクエストURLを作成すると
http://wikipedia.simpleapi.net/api?keyword=URLエンコードしたキーワード&output=php

となる

あとは、取得したレスポンスフィールドのうち
使うものを echo で表示していく
表示する時には
foreach() で1つずつ代入しながらループして
繰り返し表示していく

表示内容は
項目ページのURL
result->url

項目のタイトル
result->title

本文ダイジェスト
result->body

となる
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック