FC2ブログ

Weather Hacks お天気Web サービス

参考書籍にはXML形式で載っていたけど
サイトで確認してみたら、3月下旬にXML形式でのAPI
提供はもうすぐ終了してしまうらしい

とはいっても、勉強には使えるので
メモしてみた

まず、XML形式での
ベースURLは
http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/rest/v1

こんどはJSONになるようだ
こちらの場合のベースURLは
http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/json/v1

違いは、rest から json になっているということ

それでも、変更になるまでは参考にすることができます
ということで、今回はXMLのほうでみてみました

JSONのほうはまた機会をみて勉強していきます

まず
わかりやすいサンプルを見るために
http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/rest/v1?city=113&day=tomorrow
へアクセスします

するとXMLの階層をみることができます

この時に Google Chrome を使っているなら
Alt + E で F でページない検索ができるので、
これで XMLタグを探すことで、効率的に階層を
理解することができます

このXMLの階層のページがレスポンスフィールドになります

参考までに書いておくと
location の are=が地方名 pref=が県名
city は地域名

telopは天気

image は画像関連で
title が天気
link が天気情報のURL
width が天気の画像の横幅
heightが天気の画像の縦幅

temperatureは気温関連で
maxが最高気温
min が最低気温

となっています

リクエストパラメータを取得するに必要なのは
XMLのときだと
city 地域のID番号
day 天気予報を見たい日
を指定します

http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/rest/v1?city=113&day=tomorrow
なら、
city=113

day=tomorrow
がこれに該当します

基本的に web API は
ベースURLに
?の後に
パラメータを&でくっつけて
データ取得用のリクエストURLを作成します

今回なら
http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/rest/v1
がベースURL

city=113&day=tomorrow
がパラメータの部分です
&でくっつけているところがわかると思います


もし、東京の今日の天気をみたいなら
http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/rest/v1?city=63&day=today

となります
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック