FC2ブログ

wordpress で Web API

以前、
本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書
を見ながら、ローカル環境に wordpress を導入し作成していきました

今回は
WordPressプラグイン & WebAPI 活用ガイドブック [Version 3.x対応]
の内容を実践していくため

一度テンプレートをデフォルトのものへ戻しました

管理画面で 外観 > テーマ で
Twenty Eleven
を有効化すれば、もともとあったテンプレートになります

もし、 wordpress のテンプレートを、ビジネスサイトへ戻すなら
おなじ要領で、テンプレートを変更することで元に戻ります

今回、元に戻したのは、テンプレートファイルを改造するところがあるためです

まず、実験につかったのは Weather Hacks お天気サービスのサンプルです

これなら、IDなどを取得せずにすぐに実験できるためこちらを使いました

カスタムフィールドの作成などは書籍でもわかるのですが
テンプレファイルを変更するのは少しわかりにくいので
メモしてみました

まず、てっとり早く実験するため、サンプルファイルをダウンロードしてきます
圧縮ファイルを
unzip で解凍し、その中にある tenki.php を使います

今回は、
get_template_part()
で呼び出してみました

cp tenki.php /var/www/wordpress/wp-content/themes/twentyeleven/
でテンプレのディレクトリに
PHPファイルをコピーします

ちなみに、テンプレ関連は、
wp-content/themes/
以下にあります

そして、
vim content-single.php
で設定ファイルを編集します

このときに、vim を使っているなら
/\.entry-content
とすれば、編集するところまでたどり着けます

あとは、この下の部分へ
<?php get_template_part('tenki'); ?>
を記述します

ちなみに、
get_template_part('tenki');
というように、ファイルの拡張子は含めずに指定します

これで、後は書籍どおりにいろいろとテストできるようになります
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック