FC2ブログ

HTMLて取得したデータをリスト表示

HTMLで、取得したデータをリスト表示するには

WebAPIで!一番使うのが
取得し多データをリスト表示するというもの

これをやるには、PHPでの処理が必須

やり方は少し複雑になる

まず、パースしたXMLデータは、オブジェクト型になっている

お店情報とか、画像など、いろいろあるけど
各項目は、個別に取り出して処理できる

このときに、使うのが
配列の値
一つずつ代入しなごら繰り返す foreach文

foreach文の繰り返し処理で
1件ごとにデータを取り出しながら
HTMLタグをつけ、ブラウザーで表示すれば
リスト表示できる

これは、Amazonや楽天などの
商品検索結果を出すのによく使う

ループしながら表示していくときに、
取得したデータ、例えばリンク先URLとか
住所、電話番号とかを表示するには

PHPの echo で表示していく

このとき、表示する個別データを指定するには
PHPのアロー演算子
->
を使う

例えば、繰り返すときのforeach()が

foreach($libraries as $library)
なら
$libraries の中身を $libraryへ配列の値を一つずつ
代入していく

ここで、住所を示すのが
address なら、
echo $library->address;
で住所が表示される

また、電話番号を示すのが
tel ならば
echo $library->tel;
で電話番号が表示される

そして、リンク先URLが
url なら
echo $library->url;
でリンク先urlになるし、
サイト名が site なら
echo $library->site;
そして、これらをaタグで組合せれば
リンクできるようになる

もし、階層が深いなら
->をつなげて指定する

例えば、
電話番号 telの下に
携帯mobile
非常用 emergency
があって、携帯のほうを出したいなら
echo $library->tel->mobile;
というかんじになる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック