FC2ブログ

simple_xml_loadfile()について

simple_xml_loadfile()について

simple_xml_loadfile()で、
リクエスを送信して、レスポンスをパースします

レスポンスのxmlデータは、
複数の項目がひとまとまりになっていて
そのままだと、個別の項目だけを選んで処理したり
表示することがてきない

例えば、お店情報なら
お店の名前の固まりになってしまうため
何の情報かわからなくなってしまう

そこて、使うのが
simple_xml_loadfile()

これで、PHPて処理しやすいオブジェクトにする

これを、XMLをパースするともいう

simple_xml_loadfile()の書式は

simple_xml_loadfile( リクエストURL );
となる

これを変数へ格納すれば、さらに使いやすくなる

$libraries = simple_xml_loadfile($url);

リクエストURLは、
$urlのように
変数へ格納しておいてから
引数へ指定すると
http://~
と書かなくていいので楽になる

これで、さらに今回の場合は
$librariesへオブジェクトを代入しているので
さらに扱いやすくなっている
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック