FC2ブログ

周辺ランドマークデータ取得

引き続き、wordpress の設定です

Androidアプリ位置情報プログラミング
を実効するための設定です

これで、スマートフォン位置情報アプリの準備ができました



サーバー関連やったことがないと挫折するかもしれないので
メモしてみました

まず、必要なファイルを
wordpress 直下へコピーします

cp -p /var/www/wordpress/wp-content/plugins/easy-regist-landmark/get_nearby_xml.php /var/www/wordpress/

cp -p /var/www/wordpress/wp-content/plugins/easy-regist-landmark/server_config.php /var/www/wordpress/

でコピーできます

そしたら、設定ファイルを編集します

cd /var/www/wordpress/
で移動して
vim server_config.php
でファイルを開き設定します

$sql_server = "localhost";
$sql_user = "root";
$sql_pw = "pass";
$sql_db = "wp";
となっているところを編集します

編集完了したら確認します

リクエストURLは
http://サーバIP/wordpress/get_nearby_xml.php

私の場合は
http://192.168.10.220/wordpress/get_nearby_xml.php
でした

これにパラメータをつけてブラウザにアクセスすると
XMLのツリー表示がでます

ちなみに、パラメータは&をつけてつなげて書きます

パラメータの意味は
lat
緯度

lon
経度

nearby
範囲

count
表示件数


http://192.168.10.220/wordpress/get_nearby_xml.php?lat=35.710058&lon=139.810718&nearby=10000000&count=1

アクセスした結果が以下の画像です

このパラメータの意味は
緯度 35.710058 
経度 139.810718
の地点から 10000000m以内にある
ランドマークを
10件表示ということです

もっとも、登録は全然していないテストだったので、でたのは1件だけです



This XML file does not appear to have any style information associated with it. The document tree is shown below.
とでてますが
これは
この XML ファイルにはスタイル情報が関連づけられていないようです。以下にドキュメントツリーを表示します。
という意味で
対策を検索した結果
どうやら
mlアドレスを検索エンジンに登録すればよい
ということで、個人でのローカルブログでは
あまり関係ないようです

ちなみに、情報元は
http://qanda.rakuten.ne.jp/qa7466087.html
です

なお、設定するにあたって、以前
本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書
で構築した wordpress を使いましたが
プラグイン導入すれば
新規投稿で問題なく使えるようです

今回、使用した書籍は以下の2つになります




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック