FC2ブログ

ARの種類

拡張現実の種類

ビジョンベースAR
現実空間に存在する何らかの情報を読み取り
AR情報を表示するこ表示

ビジョンベースARは、更に
マーカー型ビジョンベースAR
マーカーレスビジョンベースAR
に分類できる


マーカー型ビジョンベースAR
マーカーと呼ばれる画像を認識してAR情報を表示する拡張現実
ARとしてほ!一番認知度が高い
マーカーを読み込むことで情報を表示するため
その他の情報がいらない

また、マーカーの傾きなどを、認識することで
表示する情報の角度を操作すれば
ARがより現実空間に存在するようにできる


マーカーレス型ビジョンベースAR
マーカーレス型ビジョンベースARは、
マーカーを利用せず、人の体の形を認識して
その場で試着
部屋の形を認識して模様替え
など、その空間にあるものを認識し、AR情報を表示

また、空間だけでなく
可視光通信を利用したアプリなども、開発されている

ただ、ビジョンベースARを作成するには
NyARToolkit
PTAM
などのライブラリを使わないと実装は困難


ロケーションベースAR
GPS情報と、六軸センサーを使いAR情報を表示する
このため、ビジョンベースARとは異なり
画像や空間認識がいらない
位置情報を利用して、高さ、距離などの算出もできるため
より空間的表示がてきる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック