FC2ブログ

Web Worksの機能制限

Web WorksのJavascriptの機能制限

バックグラウンドで動かすため、いくつか機能制限がついてしまう

特に大きいのがHTMLページ内の
要素へアクセスできないということ
つまり、DOM制御ができない

ちなみに、DOMは
Document
Object
Model
の略

DOMでは、要素で囲まれた範囲を
ひとつのオブジェクトとして
扱う

オブジェクトなので
メソッド、プロパティがあり、
これらを使い、要素の操作ができる

Web Worksでは、このDOMが使えない

Web Worksで使えるオブジェクトは
ECMAScript-262で定義されてるオブジェクト
Array
Boolean
Data
Error
Fuction
Math
Number
Object
RegExp
String

navigatorオブジェクト

locationオブジェクト

というように
Web Worksでは、純粋なロジック部分のみ
処理する

DOM操作ができないため
並列実行される複数の処理が原因

ページを書き換えることがない


DOM処理は、Web Worksの呼び出しもとで行う

また、Web WorksからJavascriptファイルを
読み込んで実行できるので
ライブラリみたいな感覚で
Javascriptが使えるようになる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック