FC2ブログ

Android 2.3.3 google mapアプリのメモ

まずAndroidManifest.xml 編集

<uses-library
android:name="com.google.android.maps"
android:required="true"/>
を追記

場所は
</application>
の上

android:name
は追加するライブラリ

android:required="true"
端末にライブラリがあるかチェックする

uses-libraryタグ

アプリをダウンロードする端末が提供可能ライブラリを宣言
端末にライブラリがないと正しく動作しない

続いてパーミッション設定

必要なのは
android.permission.ACCESS_MOCK_LOCATION
擬似位置情報の使用

android.permission.ACCESS_FINE_LOCATION
位置情報を使用

android.permission.INTERNET
インターネット接続

次にUI作成

これはres/layout/の中で行う

まず、最初に
仕様

必要なのは
現在地の遷移
周辺ランドマーク表示
地図の衛生写真表示切り替え機能

これらはボタンにする

地図が表示され、その上にボタンが並んでいる
というもの

親になるView には
RelativeLayout
をつかう

RelativeLayout
の子ビューは親ビューや子ビューの位置から
設定できる

このときに、位置を具体的に設定しないと
ボタンが3つ重なってしまう

今回はMap に重ねて表示したいから
MapVIew にボタンを重ねる

あと、MapView はjava で制御するから
id をふっておく

これは、html5 と java script のときと同じ

ボタンの文字は
string.xml で設定

あと、見栄えを
よくしたいから
ボタンを揃えた
これは
ボタンの親View にLinearLayout を設定するとできる

仕組みとしては
最初に
RelativeLayout
次に
LinearLayout
その上にボタン

LinearLayout の子View には
android:layout_weight
の設定ができる

これは親レイアウトの余白を自動で埋める設定
配分は
子Viewで余白を設定した比率になる

この仕組みを使うと
ボタンの文字の長さを均一にできる

これには
layout_width を 0 にしておくこと
通常は
文字の大きさ似合わせたり
幅を指定するから意外だけど
今回のやりかたなら
layout_width=0
なら
自動的にサイズ補正してくれるというもの

あと、Android でボタンの設定には
android:onClick
を使う

このパラメータに文字列を指定することで
ボタンがタップされたとき
そのActivity の同じ名前のメソッドが呼び出される

ボタンにはわかりやすい名前をつけておくと
あとあと楽

ボタンに名前をつけるのは
web 関連をやったことがあるなら
button id="名前"
と同じかんかく
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック