FC2ブログ

位置情報取得に成功したときの処理

位置情報取得に成功したときの処理

位置情報取得に成功したときの処理は
getPos()を使う

この関数には、位置情報を格納したオブジェクトが渡される

このオブジェクトの
coordsオブジェクトに、位置情報が格納される

緯度はlatitude
経度はlongitude
高度はaltitude

に入る

また、誤差修正のためのAPIもある

緯度経度の誤差はaccuracy

高度の誤差はaltitudeAccuracy

で設定できる

また、方角を表すheadingプロパティだけど
実は、スマホ内蔵コンパスとは連動してない
スマホ内蔵コンパスの値と
Geolocation APIの方角とは連動していない

こは、Geolocation APIでの方角は
一定速度以上で移動しないと値が返されないため
静止状態では正しい方角が得られない

このため、実際に方角を利用したプログラムを作るときには注意
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック